三井住友VISAデビュープラスカードの特徴や評判とは?メリット・デメリットを徹底解説!

三井住友VISAデビュープラス

国際ブランド

  • VISA
  • Master Card
  • JCBド
  • Diners
  • American Express Card
  • Union Pay
  • 年会費無料
  • スピード発行
  • 海外旅行保険
  • ポイント高還元
  • ETCカード
  • 電子マネー
  • 空港ラウンジ
  • ショッピング向け
  • マイルが貯まる
  • 主婦/学生OK
  • 優待が充実
  • 初めての1枚

おすすめ度

カードの基本情報
年会費
初年度 翌年以降
無料 1,250円+税(条件付きで無料)
還元率 1%
貯まるポイント ワールドプレゼントポイント
1ポイントの価値 5円

新規入会&利用で最大7,000円キャッシュバック!

この記事を後で読む

Pocket

この記事のカード

三井住友VISAデビュープラス

三井住友VISAデビュープラスカードは、三井住友VISAカードが発行しているカードの中でもポイント還元率が高く、学生や初めてクレジットカードを持つ人に向いているカードです。

若年層限定のカードなので、お得になる特典や細やかなサービス満載となっています。

そんな三井住友VISAデビュープラスカードの特徴やメリット・デメリットから評判までを、詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

三井住友VISAデビュープラスカードの特徴

三井住友VISAデビュープラス

三井住友VISAデビュープラスカードのことを知るためには、まずは基本情報を知らなくちゃね。
三井住友VISAデビュープラスカードはどんな特徴のあるクレジットカードなんだろう?

三井住友VISAデビュープラスカードは、高校生以外の満18歳から25歳までの方であれば、誰でも申し込むことができるクレジットカードです。

大学生や専門学校生などの学生の申し込みもできるので、初めてクレジットカードを持つのに最適なカードとなっています。三井住友VISAデビュープラスカードの基本情報を下記にまとめました。

還元率 1%
年会費 初年度:無料
2年目以降:1,250円+税
※前年1回以上の利用で翌年無料
入会条件 満18歳から25歳まで(高校生不可)
国際ブランド VISA
家族カードの有無・年会費 有:初年度無料
2年目以降420円+税
※前年の利用回数が3回以上で翌年無料
ETCカードの有無・年会費 有:初年度無料
2年目以降500円+税
※前年1回以上ETCの利用請求で翌年無料

三井住友VISAカードが行っているポイントプログラムは『ワールドプレゼント』ポイントといい、通常三井住友VISAカードシリーズを利用して還元されるポイントは、1,000円につき1ポイントとなっています。

ワールドプレゼントのポイントの価値は【1ポイント=5円】相当ですので、還元率は0.5%ということになります。

ところが、三井住友VISAデビュープラスカードのポイントは、1,000円につき2ポイントが還元されるので、ポイント還元率は1%ということになります。

三井住友VISAデビュープラスなら通常のカードの2倍のポイントが常に加算されるんだよ!
これならポイントをガッツリと貯めていくことができるねっ♪

ワールドプレゼントは、携帯電話の利用料や電気・ガス・水道料金、NHK受信料などもポイント還元の対象ですので、引き落とし先を三井住友VISAデビュープラスカードにしておくと、より効率よくポイントを貯めることができます。

三井住友VISAデビュープラスカードの嬉しいメリット

デビュープラスにはどんなメリットがあるのかな?わくわく。。。

三井住友VISAデビュープラスカードには、たくさんのメリットがあります。

メリットを知っておくと、クレジットカードを無駄なく使いこなしていけるのでぜひ知っておいてくださいね。

入会後3か月間は還元率2.5%!

三井住友VISAデビュープラスカードに入会すると、入会後3か月間はポイントが1,000円につき5ポイント加算されます。還元率にすると、なんと2.5%!これは驚きの数字ですよね。

いくら3ヶ月間と言っても2.5%の還元率は凄すぎる…!

たとえば5,000円のお買い物をしたとすると、還元されるポイントは下記のような違いになります。

三井住友VISAデビュープラスカード 還元率 5,000円の支払いで還元されるポイント
通常の場合 1% 10ポイント(50円相当)
入会後3か月間 2.5% 25ポイント(125円相当)

上記のように表にしてみると、還元されるポイントの違いが大きいことがわかりますね。

入会したら3か月間にしっかりとポイントを貯めていきましょう。

マイ・ペイすリボの登録でポイントプラス1倍に!

三井住友VISAカードの自動リボ払いシステム『マイ・ペイすリボ』に設定しておくと、リボ払い手数料が発生する月の請求額に対してボーナスポイントが付きます。

  • 通常のポイント
    →1,000円につき2ポイント
  • マイ・ペイすリボのボーナスポイント
    →1,000円につき1ポイント
  • リボ手数料発生月→1,000円につき3ポイント加算!

ワオ!1,000円につき3ポイントももらえるの!?すぐに設定しなくちゃ!
ちょっと待って!『マイ・ペイすリボ』がどういった支払い方法なのかがわからないうちに設定するのは危険だよ!

『マイ・ペイすリボ』の特徴をよく知ってから設定するようにしましょう。

二人の会話のように、ボーナスポイントが付くからと言ってすぐに『マイ・ペイすリボ』を登録してしまうと、後で後悔してしまうことになってしまうかもしれません。

まずは自動リボ払いの仕組みを知っておく必要があります。

『マイ・ペイすリボ』とは?

マイ・ペイすリボ

自分が決めた支払金額を毎月支払っていく支払い方法がリボルビング払い(リボ払い)であり、そのリボルビング払いを自動的におこなう方法が三井住友VISAの『マイ・ペイすリボ』なのです。

設定できる金額は、最低5,000円からで10,000円、20,000円、30,000円の設定ができ、支払金額の変更はインターネットや電話で変更することができます。(※最大でリボ払い利用枠の限度額まで引き上げることが可能)

ってことは、5,000円に設定しておけば、10,000円の商品でもひと月に5,000円ずつ支払っていくの?
そういうこと。10,000円の商品の場合は支払回数が2回になるのよ。
毎月の支払金額を自分で決められるなら、支払いが楽でいいんじゃない?
でも、リボ払いの手数料がとっても高いの!だから支払いが長くなれば長くなるほど手数料もかかってしまうのよ。

そう、リボ払いの手数料は一般的に15.0%(年率)となっているので、手数料が高いことと、返済期間が長引きやすいことがデメリットなのです。

たとえば、200,000円の支払いを設定額50,000円のリボ払いにすると、計4回の支払回数となり、200,000円の支払いを設定額10,000円のリボ払いにすると、計20回の支払回数というように、設定額が低ければ低いほど返済期間が長くなります。

リボ払い手数料も年率15.0%ですので、定期預金などの金利0.01%などと比べるとその利息の高さがわかりますよね。

マイ・ペイすリボ』は最初の支払い月の手数料は0円ですので、設定金額を30,000円にした場合は30,000円までの支払額であれば1回で支払いが済んでしまうので、手数料はかからずに済みますね。

こういったリボ払いの注意点を考慮したうえで、申し込むかどうかを決めるようにしてください。

追加できるカードが多い

「学生もOKな若年層向けのカードだと、追加できるカードや機能が少ないのでは…?」といった心配もありますよね。

ところが、三井住友VISAデビュープラスカードは追加できるカードや機能が多いのも特徴のひとつなんです。

追加できるカード・機能は下記の通りです。

  • 家族カード
  • ETCカード
  • バーチャルカード
  • 三井住友カード iD
  • Apple Pay
  • 三井住友カードWAON
  • PiTaPaカード
  • 三井住友カード Visa payWave

あなたのライフスタイルに合ったカードを使いすれば、より便利にクレジットカードを使いこなすことができるでしょう。

ワールドプレゼントの交換先がたくさんある

三井住友VISAデビュープラスカードのポイントシステムはワールドプレゼントですが、ポイントの使い道が広いことが特徴です。

まずはどのような交換ができるのかを下記にまとめました。

  • キャッシュバック
  • カタログから商品券や景品と交換
  • マイレージへ移行
  • 他社のポイントへ移行

では、順番にどのように交換できるのかを解説していきましょう。

ワールドプレゼントはキャッシュバックできる!

ワールドプレゼントはキャッシュバックしてカード利用代金に充てることができるのよ♪

カードの利用代金に充てれば、クレジットカードの請求金額が多くなりそうなときに非常に嬉しいですよね。

キャッシュバック以外にもプリペイドカードにチャージすることもできます。現金と同じように使うことができるものとして、下記にまとめました。

  • キャッシュバック(カード利用代金)
  • iDバリュー(利用代金に充当)
  • 三井住友プリペイド(チャージ)

ポイントの使い道がなくても、カード利用代金に充てたりプリペイドカードにチャージができれば、ポイントが無駄になることもなく有効に利用することができます。

マイレージにも移行できる

航空会社のマイレージポイントって、なかなか貯まりにくいと思いませんか?

せっかく貯めるのですから、次の旅行までにはガッツリと貯めておいてマイレージを旅行代金に充てたいですよね。

そこでワールドプレゼントを各社のマイレージに交換すれば、あっという間にポイントを貯めることができます。

交換できる航空会社は、下記のようになっています。

  • ANAマイレージクラブ
  • クリスフライヤー
  • クラブ・ミッレミリア

ANAであればよく利用するという人も多いのではないでしょうか。ポイントをマイレージに交換して、次の旅行や出張までにしっかり貯めていきたいですね。

他社のポイントに交換できる

ワールドプレゼントは、他社のポイントシステムのポイントなどに交換することもできます。

主な交換先は下記の通りです。

  • 楽天スーパーポイント
  • Tポイント
  • dポイント
  • au WALLETポイント
  • ビックポイント
  • ベルメゾン・ポイント
  • Joshinポイント
  • カテエネポイント
  • 地域経済応援ポイント(自治体ポイント) など

ワールドプレゼントの使い道がなくても、他社のポイントで貯めているものがあれば、そのポイントに交換することでポイントを消滅されてしまう心配がありませんね。

良く知られているポイントばかりだから、交換先もすぐに見つかりそう。。♪

商品券や景品と交換しよう

三井住友VISAカードでは、ワールドプレゼントのための景品カタログを用意してくれています。

日常で利用できる台所用品からギフトにぴったりの商品まで、数多くそろえていますので、どれに交換しようか迷ってしまいますね。

また、商品以外にも商品券ギフトカード、映画鑑賞券、優待券もカタログから選択できます。

交換できる主な金券等は以下の通りです。

  • 図書カードNEXT
  • アップル iTunesカード
  • VJAギフトカード
  • Google Playギフトコード
  • ルートインホテルズ宿泊優待券
  • Amazonギフト券
  • こども商品券
  • マックカード
  • ジェフグルメカード
  • すかいらーくグループご優待券 など

このほかにもたくさんありますので、興味があれば一度『景品カタログ』を見てみるのもいいでしょう。

欲しい商品に向けてポイントを貯めていくのも楽しみになりそうですね。

電子マネーのポイントに交換できる

電子マネーは、今や利用したことがない人はいないのでは…?と思えるほど世の中に普及しており、コンビニを始めあちこちのお店で電子マネーを使うことができます。

その電子マネーのポイントにワールドプレゼントを交換することもできるのです。

交換できるのは、下記の電子マネーのポイントです。

  • 楽天Edy
  • WAONポイント
  • nanacoポイント
  • スターバックスカード など

この中でも特にnanacoは税金が支払えるという利点を生かして、利用している人も多くいますし、イオンで使える電子マネーWAONを使う人も多いことでしょう。

自分が利用している電子マネーがあれば、交換するという手は捨てられませんね。

電子マネーはすごく便利だよね!
クレジットカードが使えないお店でも、電子マネーなら使えるってところが多いしね♪

ふるさと納税で使えばお得度アップ!

ふるさと納税は各自治体に寄付をすると、その土地の特産品などのお礼の品を送ってもらえて、なおかつ税金の控除の対象になることから非常に人気が高いのです。

ワールドプレゼントは、なんとふるさと納税でも利用できるようになりました。ワールドプレゼントで寄付することができる自治体は、下記の通りです。

  • 佐賀県玄海町
  • 長崎県平戸市
  • 宮崎県綾町
  • 島根県浜田市

現在は4つとなっていますが、今後増えていく可能性もあるのでチェックしておきたいですね。

ポイントUPモールで獲得ポイントアップ!

ポイントUPモール

ポイントUPモール』とは、ワールドプレゼントのポイント優待サイトのことであり、ポイントUPモールを経由して好きなショッピングサイトでお買い物をすれば、ポイントが通常の2倍から20倍付きます。

20倍!?それはスゴイ!

提携している主なショップは下記の通りです。

  • amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • ベルメゾン
  • じゃらんnet など

直接インターネットショップでお買い物をしても、還元率は1%しか付きませんので、ポイントUPモールを上手に利用してポイントを何倍にも増やしていきましょう。

街のお店でお買い物なら『ココイコ!』

ココイコ!

インターネットショップでお得にポイントを獲得できるのであれば、リアルの街でのお買い物でも、お得にポイントをGETしたいですよね。

ココイコ!』の対象店舗であれば、カードで支払いをすればポイントが最大18倍にも跳ね上がります。

対象になっているお店に、インターネットでエントリーしてからお買い物をすれば特典を受けることができます。

  • DAIMARU
  • TOKYUHANDS(東急ハンズ)
  • 三井アウトレットパーク
  • Victoria
  • カラオケの鉄人
  • かっぱ寿司
  • びっくりドンキー など

ポイントの増量以外にもキャッシュバックなどの特典もありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

nanacoにチャージすればポイントが貯まる!

nanacoカード

先の章でワールドプレゼントを電子マネーnanacoに交換することができることをご紹介しましたが、nanacoでお得になることがもう一つあるのです。

それは、三井住友VISAデビュープラスカードでnanacoにクレジットチャージすると、ポイントが貯まることです。

電子マネーにチャージしてポイントが付くクレジットカードが少ない中、三井住友VISAデビュープラスカードは税金の支払いもできるnanacoと相性が良いのです。

nanacoを使っているのであれば、現金でチャージするのはもったいないよ!
せっかく三井住友VISAデビュープラスカードを持つのなら、活用しなくちゃ!

チャージをしてポイントが加算され、チャージしたnanacoで税金を支払えば間接的に税金を節約できることになります。

20歳になって税金を支払うようになったら、この方法で節税していきましょう。

プライムゴールドカードへ自動でランクアップできる

三井住友VISAプライムゴールドカード

三井住友VISAデビュープラスカードを持っている場合、満26歳になると三井住友VISAデビュープラスカードを卒業しなければなりません。

「じゃあ、満26歳になったらカードはどうなるの?」

という疑問が出てきますよね。

三井住友VISAデビュープラスカードを持っている人は、満26歳以降の最初のクレジットカード更新の時に、『プライムゴールドカード』に自動で切り替わるのです。

カード更新時に審査があります。審査によりクラシックカードへ切替えとなる場合があります。)

プライムゴールドカード』とは、20代専用のゴールドカードであり、三井住友VISAデビュープラスカードよりも多くの特典を受けることができるクレジットカードです。

ゴールドに輝くカードは信頼感と高級感を漂わせていますので、あなたの財布の中でもひときわ目立つ存在になることでしょう。

プライムゴールドカードの基本情報を簡単に下記にまとめました。

プライムゴールドカード詳細
年会費 初年度:無料
2年目以降:5,000円+税
※ただし条件付きで1,500円+税まで割引可能
入会条件 満20歳以上30歳未満
家族カード 有:1人目無料
2人目以降1,000円+税
ETCカード 有:500円+税
空港ラウンジサービス 全国主要都市利用無料
海外・国内旅行傷害保険 最高5,000万円
ショッピング補償 最高300万円
ボーナスポイント 有:通常カードの2倍

このほかにも、プライムゴールドカード独自のサービスや特典を受けることができますので、三井住友VISAデビュープラスカードを手に入れたら、ぜひ継続していきたいですね。

もし、プライムゴールドカードに切り替えたくない場合は、クラシックカードを選択することもできます。

自動的にプライムゴールドカードにできるなんて、スゴイ!

でも、20代限定なら、30歳になったらどうなるの?

満30歳になった最初のカード更新の時に、ゴールドカードに切り替わるのよ。

ただし、そのための審査があるから注意してね。

カード裏面に写真が付けられる

三井住友VISAデビュープラスカードを含む三井住友VISAカードは、クレジットカードの裏面に自分の顔写真を付けることができます。

顔写真が付いていれば、万が一盗難に遭っても不正利用できなくなります。

特に初めてクレジットカードを持つというのであれば、安心を得るためにも顔写真を付けておいた方がいいかもしれませんね。

三井住友VISAデビュープラスカードの気になるデメリット

三井住友VISAデビュープラスカードにはメリットがたくさんあり、デメリットなんてないように見えますよね。

しかし、どんなものにもデメリットは付きものです。

どんなデメリットがあるのか気になるな。。。

そこで、今度は三井住友VISAデビュープラスカードのデメリットについて解説していきましょう。

年会費・ETCカードが完全無料ではない

まずはやはり年会費が完全無料ではない、ということでしょう。

年に1回の利用で無料になるというハードルの低い条件ではありますが、ついうっかり使用しない期間が1年あったら、年会費1,250円(税抜き)がかかってしまうのです。

一生懸命ポイントを貯めていたにもかかわらず、年会費が発生してしまったらもったいないですよね。

そして、ETCカードも完全無料ではありません。こちらも年1回以上利用していれば無料になるので問題はありませんが、高速道路に乗る機会があまりない人にとっては、年会費が発生してしまう可能性もあります。

仕事やプライベートでETCを1回でもくぐる機会を作らないと年会費500円(税抜き)がかかってしまうので、充分注意してくださいね。

入会できる年齢が決まっている

三井住友VISAデビュープラスカードは、申し込める年齢が満18歳から25歳までに限定されるので、満26歳以上の人が入会することができません。

ポイント還元率が1%で特典も多いのに、年齢制限があるから残念よね…。

三井住友VISAカードには、満18歳以上なら誰でも入会することができるクレジットカードがたくさんあるので、あなたが満26歳以上であればそちらを探してみてくださいね。

海外旅行傷害保険が付帯していない

海外旅行では、利用できる通貨の違いがあるのでクレジットカードで精算をした方が非常に楽です。

その上、海外旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードが多くあり、海外で万が一の事故や病気などで病院にかかることがあっても安心できます。

しかし、三井住友VISAデビュープラスカードには海外旅行傷害保険が付帯していません。

海外で病院にかかっても保険が効かないので全額負担となってしまう上、場所によっては医療費が高額になる地域もあるのです。

一体いくらかかるんだろう…って考えると、怖くなるね。どうしたらいいの?
海外旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードを、1枚余分に持っていくといいよ。

ほかにも、三井住友VISAカードには任意保険(海外旅行保険)の『ネットde保険@とらべる』という保険もありますので、心配な方は一度チェックしておくといいでしょう。

カード利用枠最高金額が低めの設定

三井住友VISAデビュープラスカードのカード利用枠は、30万円が上限となっています。

「30万円はちょっと少ないな…。」

と思うかもしれませんが、年齢が若い方へ配慮した金額と言えます。使い過ぎ防止にもなりますので、初めてのクレジットカードであるならまずは30万円までの金額で慣れていくと良いでしょう。

なお、キャッシング枠については5万円までとなっています。

三井住友VISAデビュープラスカードの評判/口コミ

実際に三井住友VISAデビュープラスカードを持っている人は、カードをどんなふうに思っているんだろう?

実際カードを使ってみないとわからない事ってありますよね。三井住友VISAデビュープラスカードを使っている人は、どのように感じているのでしょうか。

今度は、三井住友VISAデビュープラスカードの評判についてまとめました。

三井住友VISAデビュープラスカードの評判【デメリット】

まずは、カードをデメリットだと感じた人のツイートから見てみましょう。

若年層の方にとって使いやすいカードではあるけれど、満26歳になると自動的にプライムゴールドカードにランクアップしますので、年会費も上がってしまうことになります。

条件を満たせば、最少1,500円(税抜き)まで割引されますが、条件がクリアできていなければ毎年5,000円(税抜き)の年会費を支払わなければならないのはイタイ出費ですよね。

もしランクアップを望んでいないのであれば、カード更新前にクラシックカードに切り替えたいことを連絡しておきましょう。

三井住友VISAデビュープラスカードの評判【メリット】

今度は、カードを持ったことでメリットだと感じた人のツイートを見てみましょう。

クレヒス(クレジット・ヒストリー)を積んでいくのであれば、クレジットデビューで作る三井住友VISAデビュープラスカードは打って付けと言えるようですね。

また、ワールドプレゼントを貯めていくことで、交換する楽しみも増えているようです。

三井住友VISAデビュープラスカードがおすすめな人

三井住友VISAデビュープラスカードの特徴やメリット・デメリットを解説してきましたが、ここまで読み進めてみて、あなたはどのように感じたでしょうか?

「入会できる年齢が決まっているし、途中でカードを切り替えるのは面倒だな。」

「海外旅行傷害保険が付いていないから不便だわ。」

このように感じたのであれば、満18歳以上ならだれでも持つことができるクレジットカードは他にもありますし、海外旅行傷害保険が無料で付帯しているカードもありますので、そちらを探した方がいいでしょう。

じゃあ、どんな人なら三井住友VISAデビュープラスカードのメリットを充分に受けることができるの?
やっぱり、クレジットカードを初めて持つという方じゃないかしら。

ポイントも貯まりやすいし使いやすいカードですもの♪

クレジットカードデビューをしたい!という方

クレジットカードを初めて作るという方にぜひ持っていただきたいのが、三井住友VISAデビュープラスカードなのです。

通常の三井住友VISAカードよりも還元率の高い1%ですので、ポイントが非常に貯めやすくなっており、特典も非常に多いのが理由です。

貯まったポイントの交換先がたくさんあるから、自分に合った交換先を自由に選択することができるのよね♪

ポイントをガッツリと貯めていきたい方は、『ポイントUPモール』や『ココイコ!』を利用することで、ポイントが何倍にも跳ね上がりますので、欲しい商品や交換したいポイントに向けて貯める楽しみができますね。

学生だから使いやすいクレジットカードが欲しい!という方

三井住友VISAデビュープラスカードは、学生でも気軽に持つことができるクレジットカードですので、学生の方でも審査が通りやすいのが大きな利点です。(ただし高校生は不可)

追加できるカードや機能も充実していますので、電子マネー払いもラクラクできます。

また、カードの利用上限額が若年層向けに、最高額を低めに設定してありますので、使いすぎの防止にもなり安心してカードを利用できます。

確かに収入が少ないうちは使いすぎに気を付けないと、返済に困ることになるかもしれないもんね…。

いずれゴールドカードを持ちたい!という方

三井住友VISAデビュープラスカードは、そのまま継続して持っていると満26歳の最初の更新時にプライムゴールドカードにランクアップします。

ランクアップで継続特典としてワールドプレゼントがもらえますし、プライムゴールドカードの特典を存分に受けることができます。

また、満30歳の最初の更新時にはゴールドカードにランクアップしますので、ゴールドカードを目指したい!いずれは持ちたい!という方にはおすすめなカードです。

ただし、各ランクアップ時には所定の審査がありますので、必ずランクアップできるとは限りません。基本として、返済日を必ず守り延滞しないことは重要です。

延滞や滞納があると、ランクアップできない可能性が高くなるんだね。

プライムゴールドカードではなくクラシックカードを希望する場合は、更新前にその旨を連絡しておけばクラシックカードが届きますので、カードの種類を選択できるのも利点です。

まとめ

三井住友VISAデビュープラスカードには学生や若年層に嬉しい特典やサービスがありますので、クレジットカードデビューにはピッタリのカードですね。

ポイントが貯めやすいのも、他のカードにはないメリットと言えます。

しかし、海外旅行傷害保険が付帯していなかったり、年会費やETCカードが完全無料ではないことなどの注意点もいくつかあるので、入会前にデメリットを理解しておいてくださいね。

カード基本情報

還元率 1%
ポイントの種類 ワールドプレゼントポイント
年会費
初年度
無料
2年目以降 1,250円+税(条件付きで無料)
申込み条件 満18歳から25歳(高校生不可)
国際ブランド VISA
家族カード
初年度 無料
2枚目以降 420円+税(条件付きで無料)
ETCカード 初年度無料 2年目以降500円+税(条件付きで無料)
カード締め日 15日または月末
カード支払い日 翌月10日または翌月26日
支払い方法 口座振替

カード付帯の保険・補償

海外旅行
利用付帯 -
自動付帯
-
国内旅行
利用付帯 -
自動付帯 -
ショッピング 年間100万円

電子マネー

付帯電子マネー -
チャージできる電子マネー 三井住友カードWAON.nanaco

空港サービス

空港ラウンジ -
プライオリティパス -

発行会社

会社名 三井住友カード株式会社
公式サイト http://www.smbc-card.com/company/info/outline.jsp
所在地 東京都港区海岸1-2-20 汐留ビルディング
設立日 1967年12月26日