三井住友VISAアミティエカードの入会キャンペーン情報!入会するなら今がお得なワケを徹底解説!

三井住友VISAアミティエカード

国際ブランド

  • VISA
  • Master Card
  • JCBド
  • Diners
  • American Express Card
  • Union Pay
  • 年会費無料
  • スピード発行
  • 海外旅行保険
  • ポイント高還元
  • ETCカード
  • 電子マネー
  • 空港ラウンジ
  • ショッピング向け
  • マイルが貯まる
  • 主婦/学生OK
  • 優待が充実
  • 初めての1枚

おすすめ度

カードの基本情報
年会費
初年度 翌年以降
無料 1,250円(条件付き無料)
還元率 0.5%~
貯まるポイント ワールドプレゼントポイント
1ポイントの価値 5円

新規入会で最大10,000円がもれなくキャッシュバック!

この記事を後で読む

Pocket

この記事のカード

三井住友VISAアミティエカード

三井住友VISAアミティエカードは、女性向けとして展開されている三井住友カードのクレジットカードです。

三井住友VISAアミティエカードには様々な入会者向けのキャンペーンがあり、キャンペーンを利用することでキャッシュバックなどの特典を受けることができます。

しかし、入会するだけで最大10,000円分のキャッシュバックを受け取ることができないので注意が必要です。

そんな三井住友VISAアミティエカードの入会キャンペーンや、10,000円分のキャッシュバックを受け取る方法について詳しく解説していきます。

今行われている三井住友VISAアミティエカードの入会キャンペーン情報

三井住友VISAアミティエカード

三井住友VISAアミティエカードの入会キャンペーンはどんな内容なの?

三井住友VISAアミティエカードでは、現在入会者向けのキャンペーンが展開されています。

新規入会者向けが最大10,000円相当のキャンペーンだよ!

なお三井住友VISAアミティエカードには、通常のアミティエと学生向けの2種類が存在し、学生向けカードの場合は若干特典が異なってきます。

入会キャンペーンについて、詳しくチェックしてみましょう。

通常のアミティエと学生の違い

三井住友VISAアミティエカードは、通常カードと学生カードで若干違いがあります。

  • 学生カードは年会費が在学中無料、通常カードは年1回の利用で無料
  • 学生カードにはライフ&スポーツ賠償付自転車保険が搭載
  • 学生カードの場合は利用限度額が最大30万円、通常カードは80万円
  • 学生カードは家族カードを入会と同時には発行できない

利用限度額が30万円までに制限されていることと家族カードの同時発行が不可能なことを除けば、学生カードのほうがサービス内容では充実していると言えますね。

入会キャンペーンでは学生用も通常も同じだけど、学生用カードだと家族カードが申し込めないので、最大8,000円のキャッシュバックになるから注意が必要だよ。
学生用カードだと家族カードは申し込めないのか。。

またこの若干の仕様の違いにより、キャンペーン内容にも差が生じているので注意しましょう。

三井住友VISAアミティエカード入会&利用で最大10,000円キャッシュバック

三井住友VISAアミティエカード

三井住友VISAアミティエカードでは、2018年3月30日までの入会と利用で最大10,000円分のキャッシュバックを得ることが可能です。

キャッシュバックは、利用金額から差し引きになる形です。あくまで最大金額が10,000円で、条件を満たすごとにキャッシュバック金額が上がっていきます。

  • 新規入会&7万円以上利用で2,000円
  • 携帯電話・公共料金の利用で3,000円
  • 家族カードの同時入会&利用で2,000円
  • バーチャルカードの同時入会&利用で1,000円
  • マイ・ペイすリボの同時入会&利用で1,000円
  • 三井住友カードiDかApple Payの新規設定&利用で1,000円

結構細かく条件が設定されているんだね…。
全ての条件を目指すのもアリだけど、できる範囲のものをクリアしていくのが良いかもね。

以上の条件をすべて満たすことで、合計10,000円のキャッシュバックが得られます。

三井住友VISAアミティエカード入会キャンペーンの条件とポイントの受け取り方

三井住友VISAアミティエカードに新規入会すれば10,000円もらえるわけじゃないんだよね。どうすれば、キャッシュバックが対象になるの?

前項で紹介した、三井住友VISAアミティエカード入会キャンペーンの条件や、ポイントの受け取り方について詳しくチェックしていきましょう。

それぞれ条件がしっかり決まっていて、条件を満たさなければ特典を受けることはできません。

三井住友VISAアミティエカード入会&利用で最大10,000円キャッシュバック

最大10,000円のキャッシュバックを受けられる入会キャンペーン。まずは入会キャンペーンそれぞれの条件をチェックしてみましょう。

なおキャッシュバックは支払額から差し引きという形で行われ、カード入会月の5ヶ月後の月末までに実施されます。

新規入会&7万円以上利用で2,000円キャッシュバック

カード入会の3ヶ月後の末日までに7万円以上三井住友VISAアミティエカードを利用すれば、もれなく2,000円のキャッシュバックを受けられます。

3ヶ月で7万円の利用なら1ヶ月23,000円程度だから難しくないね!

本カード・追加カードなどの細かい支払い方法は問わず、7万円以上使っていればOKです。

なお三井住友VISAアミティエカードをMasterCardで発行した場合はこちらの特典の対象外になるので、2,000円キャッシュバックを受けたい場合は必ずVISAブランドでアミティエカードを発行しましょう。

三井住友VISAなのに、MasterCardがあるのも不思議だけどね…。

またエブリプラス以外の三井住友VISAカードを持っている場合もキャンペーン対象外です。

携帯電話・公共料金の利用で3,000円キャッシュバック

入会の3ヶ月後の末日までに、携帯電話や公共料金を三井住友VISAアミティエカードで合計15,000円以上支払えば、3,000円のキャッシュバックを受けられます。

携帯料金や公共料金をクレジットカードで支払えばポイントも貯まるし、一石二鳥だよ!
カード発行後すぐに設定しないと間に合わない可能性もあるし、気を付けないとッ。

携帯電話・公共料金以外の支払額は、この3,000円キャッシュバックのカウント対象にはならないので注意しましょう。対象になるのは、以下になります。

  • docomo
  • au
  • softbank
  • 北海道電力
  • 東北電力
  • 東京電力
  • 中部電力
  • 北陸電力
  • 関西電力
  • 中国電力
  • 四国電力
  • 九州電力
  • 沖縄電力
  • 北海道ガス
  • 北陸ガス
  • 京葉ガス
  • 東京ガス
  • 東邦ガス
  • 大阪ガス
  • 四国ガス
  • 広島ガス
  • 西部ガス
  • NHK

注意したいのは「15,000円以上の支払い」が前提になることです。支払い設定後にこのカードでの支払いが開始されるまでには、数週間〜数ヶ月程度時間が空いてしまうことがあります。

そうなると、せっかくもらえたハズのキャッシュバックがもらえなくなってしまう可能性がありあす。

カードが届いたら早めに支払い設定を変更しておくようにすることを忘れないように、注意しましょう。

また確実に15,000円を超えるために、できる限りすべての対象となる携帯電話や公共料金は三井住友VISAアミティエカードで支払うようにしましょう。

家族カードの同時入会&利用で2,000円キャッシュバック

三井住友VISAアミティエカード入会時に家族カードにも同時入会し、入会日の3ヶ月後の末日までに7万円以上利用すれば2,000円のキャッシュバックを受けられます。

家族カードの発行が条件で、家族カードを70,000円利用しないといけないわけじゃないよ。
じゃあ家族カードを発行して70,000円以上利用したら合わせて4,000円のキャッシュバックは確実ってことだね。

家族カードで7万円以上支払う」という条件ではないので、家族カードに入会したうえで三井住友VISAアミティエカードでの利用金額が7万円を超えていればOKです。

ただし、学生カードの場合家族カードの同時入会ができないため、この特典を受けることはできません。つまり学生カードは、最大8,000円のキャッシュバックが限度となります。

なお家族カードは複数枚申し込んだとしても、キャッシュバックの上限が2,000円であることには代わりありません。

バーチャルカードの同時入会&利用で1,000円キャッシュバック

三井住友VISAアミティエカードでバーチャルカードに同時入会し、入会日の3ヶ月後の末日までに三井住友VISAアミティエカードを7万円以上利用すると、1,000円のキャッシュバックを受けられます。

こちらもバーチャルカードで7万円以上買い物をするのではなく、入会したうえで三井住友VISAアミティエカードにおいて7万円以上の支払金額が発生すればOKです。

バーチャルカードって何?
バーチャルカードも一応クレジットカードで、ネット専用のカードと考えると良いよ。

三井住友カードで展開されている「バーチャルカード」とは、年会費300円(税抜)、初年度年会費無料のクレジットカードです。

バーチャルカードは限度額が10万円で、ネットショッピング専用のカードです。実店舗では利用できません。

バーチャルカードにはインターネットにおける不正利用の補償があり、不正利用が行われた場合は利用枠の範囲内で不正利用金額を補償してもらえます。

バーチャルカードは専用の番号が発行されるので、メインで使うアミティエカードとは別に使えます。

ネット用のカードはセキュリティ対策としてメインのカード番号と別の番号で決済をしたいと考えている人にとって、バーチャルカードは役立ちますね。

インターネットショッピングでクレジットカードを利用する機会が多いなら、バーチャルカードを持っておくと安心です。

なお年会費が300円(税抜)とはいえかかってくるので、今後利用する予定がない場合は無理にキャンペーンのためバーチャルカードを発行する必要はないでしょう。

マイ・ペイすリボ同時設定&利用で1,000円キャッシュバック

三井住友VISAアミティエカードでは、入会時のマイ・ペイすリボ同時設定と入会日から3ヶ月後の末日までに7万円以上の利用で1,000円のキャッシュバックを受けられます。

マイ・ペイすリボ設定の上で7万円の利用が条件なので、1,000円キャッシュバックの条件を満たすにはリボ払いの残債が7万円以上になる必要がありますね。

注意したいのは、キャッシュバックを受けるまでマイ・ペイすリボを登録している必要があることです。7万円使ったからといって解除しないように、気をつけましょう。

登録で1,000円のキャッシュバックをもらえるのは良いことなんだけど、手数料のことも考えないと結局損する可能性もあるから注意したいね。

またリボ払いということで事前に支払金額を調節しておかなければ手数料がかかってしまい、結果的に1,000円のキャッシュバックを考慮しても損になってしまうこともありますが、これには対処法があります。

リボ払いの手数料をかからないようにする方法は、リボ払いにおける支払い額を利用金額と同額以上に設定することです。これにより、手数料はかからず利用金額を一括で返済できるようになります。

例えば、3万円でカメラのレンズを買ったとして、リボ払いによる支払額が1万円だと本来はこの代金+リボ払いの手数料を合計4ヶ月(手数料分上乗せになる関係で、支払い回数は3回より多くなります)かけて支払うことになります。

ちなみに3万円の利用金額をリボ払いで毎月1万円ずつ支払う場合の手数料は、総額676円です。

しかし、リボ払いの支払額を3万円にしておけば、一括で返済できるためリボ払いの手数料はかかりません。

マイ・ペイすリボを設定する場合、複数の買い物が自動ですべてリボ払いになるので、手数料の発生を回避したい場合は月々の支払額を利用限度額と同額に設定してしまうのがおすすめです。

面倒ならリボ払いの登録はしない方が良いかも!

なおマイ・ペイすリボを設定すると手数料を発生させないためには事実上すべての買い物金額を一括払いで返済するしかないので、「リボ払いではない普通の分割払いで商品を購入したい」「細かい設定は面倒に感じられる」といった場合は無理にキャンペーンのためマイ・ペイすリボを使う必要はありません。

カードiDやApplePayの入会&利用で1,000円キャッシュバック

入会日から3ヶ月後の末日までにiDやApplePayを3万円以上利用すれば、1,000円のキャッシュバックを受けられます。

ApplePayは一度使うともう手放せないくらい便利だよ!
このキャンペーン条件なら絶対にやっておかないともったいないよね。

こちらはiDやApplePayを使って3万円以上支払いを行うのが条件なので、普通に三井住友VISAアミティエカードを使っているだけでは条件を満たせません。必ずiDやApplePayでの決済を3万円以上行いましょう。

また注意したいのは、締め切りまでに売上伝票に利用金額が載らなかった場合その分は対象外になってしまうことでしょう。

締切の直前にまとめて支払いをしても対象外になってしまう可能性があるので、早めに3万円以上使ってしまうのがキャンペーン条件を満たすうえでは重要ですね。

入会キャンペーンまとめ

ここまで紹介した三井住友VISAアミティエカードのキャンペーン適用の条件を、以下にまとめました。

  • 三井住友VISAアミティエカードに入会し、3ヶ月後までに7万円以上利用することで2,000円キャッシュバック
  • アミティエカードを7万円以上利用+バーチャルカード、マイ・ペイすリボの同時申し込みを行っていればそれぞれ1,000円のキャッシュバックで合計2,000円分
  • アミティエカードを7万円以上利用+家族カードを同時に申し込んでいれば、2,000円のキャッシュバック(一般カードのみ適用可能)
  • アミティエカード入会から3ヶ月後の末日までに携帯電話や公共料金の利用金額が15,000円以上になっていれば、3,000円のキャッシュバック
  • 入会から3ヶ月後の末日までにiDやApplePayの利用金額が3万円以上に達していれば、1,000円キャッシュバック

マイ・ペイすリボを入会時に設定し、家族カード、バーチャルカードを同時に申込みつつアミティエカードの利用金額が7万円以上になっていれば6,000円のキャッシュバックを受けられます。

そのうちのiDやApplePayにおける利用金額が3万円以上なら、+1,000円です。

あとは携帯電話や公共料金の支払額が15,000円を超えていれば、最大の10,000円キャッシュバックを受けられますよ。

三井住友VISAアミティエカードとその他のカードの違い

三井住友VISAアミティエカード以外にも、クレジットカードはたくさんあります。

続いて、三井住友VISAアミティエカードといくつかのクレジットカードを比較してみましょう。

三井住友VISAデビュープラス/学生との違い

三井住友VISAデビュープラス

三井住友VISAカードでは、25歳以下向けにデビュープラスカードも展開されています。

デビュープラスはポイント還元率が1%(アミティエは0.5%)で、学生カードの場合入会から3ヶ月間は2.5%還元となるのが魅力です。ポイント還元率では、アミティエよりデビュープラスが有利ですね。

デビュープラスの還元率は魅力的だよね。
ただ、旅行保険が一切付帯されていないから海外へ行くならあまりおすすめできるカードではないかも。

デビュープラスは年会費も前年1回以上の利用で無料となりますが、アミティエはマイ・ペイすリボの設定も条件に加わってくるため、年会費の面でもデビュープラスが有利です。

ただし、デビュープラスには旅行傷害保険が付帯されていないため、旅行にいく機会があるなら三井住友VISAアミティエカードを選んだほうが保険の対象となるので安心でしょう。

また学生カードの場合、三井住友VISAアミティエカードならライフ&スポーツ賠償付自転車保険も適用できます。

自転車通学をしているなどして日常の事故などに対する対策をしっかりかけたりしたい場合も、三井住友VISAアミティエカードがおすすめですね。

クラシックカード/Aとの違い

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカードは通常年会費1,250円(税抜)、クラシックカードAは1,500円(税抜)です。

クラシックカードやクラシックカードAではWEB明細の利用やマイ・ペイすリボの利用で年会費を無料にすることができ、また初年度は年会費無料となっています。

三井住友VISAアミティエカードは学生カードなら在学中年会費無料、一般カードはマイ・ペイすリボ登録+1回利用で年会費が無料です。より手軽に持てるのは、学生向けの三井住友VISAアミティエカードでしょう。

三井住友VISAアミティエカードとクラシックカードを比較すると、アミティエは旅行傷害保険が最大2,500万円なのに対し、通常のクラシックカードは2,000万円です。

  • クラシックカード:年会費1,250円:旅行保険2,000万円
  • クラシックカードA:年会費1,500円:旅行保険2,500万円
  • アミティエカード:年会費1,250円:旅行保険2,500万円

クラッシクカードよりもアミティエカードの方が旅行保険も年会費もお得だね!

クラシックカードAなら2,500万円なので、三井住友VISAアミティエカードと同額の旅行傷害保険となります。クラシックカードと同じ年会費ですが、旅行保険はクラシックカードAと同じ金額になるのが魅力です。

またクラシックカードやクラシックカードAには、特にポイントがアップする特典などがありません。

三井住友VISAアミティエカードなら携帯電話・PHSの利用に対して1%還元を受けられるので、携帯電話を利用する機会が多く支払い額も高めな人にはクラシックカードよりもアミティエがおすすめです。

アミティエカードは女性向けデザインだけど、男性でも申込みできるよ。

なお三井住友VISAアミティエカードはピンク色のカードデザインですがクラシックカードは銀色なので、男性が街中の店頭などでの利用を中心にカードを使うならクラシックカードのほうが使いやすいでしょう。

三井住友VISAアミティエカードが行っている知っておきたいキャンペーン

三井住友VISAアミティエカードの入会キャンペーン情報や、その他の三井住友VISAカードとの違いについてここまで紹介してきましたが、その他にもお得なキャンペーンがいくつか行われています。

三井住友VISAアミティエカードを利用する上で必ず知っておきたいキャンペーンを紹介していきましょう。

携帯電話・PHSの支払いはポイント2倍還元

三井住友VISAアミティエカードでは、携帯電話やPHSの利用料金に対するポイントが通常の2倍還元です。つまり0.5%の2倍で、1%還元となります。

入会キャンペーンの条件でも携帯料金の設定は必要だったし、これも一石二鳥だね!

携帯電話やPHSを使う機会が多いなら、三井住友VISAアミティエカードを選べばお得にポイントを貯められます。

入会キャンペーンにより15,000円以上利用することで3,000円分のキャッシュバック設けられるので、今なら二重にお得ですね。

ポイントUPモールでポイント還元率が大幅アップ!

ポイントアップモール

三井住友VISAアミティエカードにおける通常のポイント還元率は0.5%ですが、インターネットショッピングの場合『ポイントUPモール』を経由してカードを利用すればポイント還元率が上がります。

ポイントUPモールは様々な通販サイトに繋がっていて、一度ポイントUPモールを経由して対象サイトで買い物をすれば通常よりもポイントをお得に貯められます。

経由するだけでポイントの還元率が上がるの?
そうだよ。だからせっかく買い物するなら経由しないと損するよ!

還元率はお店によって異なるので、ネットで買い物を行う前にポイントUPモールをチェックし、利用予定のお店がポイントUPモールに掲載されていたら還元率も確かめましょう。

例えば、Amazonで買い物をすればポイントが2倍となるので、1%還元を受けられます。さらにAmazonの場合、ファッション関連の商品ならポイントは9倍。つまり4.5%還元です。

Amazonで買い物をする機会が多いなら、ポイントUPモールを経由しない手はないでしょう。楽天市場やYahoo!ショッピングでも、同様にポイント2倍で1%還元を受けられます。

なおポイントUPモールの利用において追加で貯まるポイントは、通常のポイントと若干時期がずれます。Amazonの場合、カード利用代金請求月の原則3ヶ月以内にポイントが反映されます。

注意したいのは、ポイントUPモール対象店舗で買い物をするとしてもポイントUPモールを経由していなければポイントはアップしないことです。

買い物をする際は、一旦ポイントUPモールを開いてそこから対象の店舗に移動する癖をつけるようにしておくのが大事ですね。

ココイコ!でエントリーすれば、実店舗でもポイント還元率が上がる

ココイコ!

ココイコ!』は実店舗で買い物をする際にあらかじめエントリーをしておけば、キャッシュバックやポイントアップを適用できるのが特徴のサイトです。

キャッシュバックでもポイントアップでも基本的に還元率は同程度となります。キャッシュバックはカードの引き落し金額で反映されます。

キャッシュバックもポイントも、原則2ヶ月以内に反映されます。

実店舗へ行く前にエントリーすればOKって事?
それだけでOKだよ!

例えば、高島屋で買い物をするなら、ポイント3倍かキャッシュバック1%を受けられます。洋服の青山ならポイント6倍や、キャッシュバック2.5%を受けることが可能です。

カラオケの鉄人では、ポイント18倍やキャッシュバック8.5%の特典を受けられます。このようにお店によっては、非常に高額な還元を受けられるのがココイコ!の魅力ですね。

18倍のポイントとか8.5%のキャッシュバックとか破壊力あるね。。。

町中で買い物やサービスの利用をするなら、ココイコ!を覗いてみて対象の店舗を確認してみましょう。もしかしたら、行く予定のお店で還元を受けられるかもしれません。

なおエントリーを忘れると対象店舗でもポイントアップを利用できないので、エントリーを忘れないように気をつけましょう。

まとめ

三井住友VISAアミティエカードは、学生カードなら在学中の年会費が無料です。学生以外でも、年に1回利用すれば年会費を無料にできます。

学生用カードにはライフ&スポーツ賠償付自転車保険が標準搭載。日常生活中に事故などが起こっても、保険を利用できるので安心です。

三井住友VISAアミティエカードでは、入会キャンペーンとして最大10,000円のキャッシュバックを受けたり、ApplePayの利用でポイント10倍や1,000円キャッシュバックを受けたりすることができます。

三井住友VISAアミティエカードは、入会キャンペーンもお得ですが充実した補償や保険がたっぷりと用意されているので、積極的に利用しても損はないクレジットカードですよ。

カード基本情報

還元率 0.5%~
ポイントの種類 ワールドプレゼントポイント
年会費
初年度
無料
2年目以降 1,250円(条件付き無料)
申込み条件 18歳以上(高校生不可)
国際ブランド VISA,MasterCard
家族カード
初年度 無料
2枚目以降 400円(条件付き無料)
ETCカード 2年目以降500円(条件付き無料)
カード締め日 15日又は月末
カード支払い日 10日又は26日
支払い方法 口座振替

カード付帯の保険・補償

海外旅行
利用付帯 300万円
自動付帯
1,700万円
国内旅行
利用付帯 300万円
自動付帯 1,700万円
ショッピング 最大100万円

電子マネー

付帯電子マネー iD
チャージできる電子マネー -

空港サービス

空港ラウンジ -
プライオリティパス -

発行会社

会社名 三井住友カード株式会社
公式サイト http://www.smbc-card.com/company/index.jsp
所在地 東京都港区海岸1-2-20 汐留ビルディング
設立日 1967年12月26日