Yahoo!JAPANカードの入会キャンペーン情報を網羅!絶対見逃せないキャンペーン情報を徹底解説

Yahoo!JAPANカード

国際ブランド

  • VISA
  • Master Card
  • JCBド
  • Diners
  • American Express Card
  • Union Pay
  • 年会費無料
  • スピード発行
  • 海外旅行保険
  • ポイント高還元
  • ETCカード
  • 電子マネー
  • 空港ラウンジ
  • ショッピング向け
  • マイルが貯まる
  • 主婦/学生OK
  • 優待が充実
  • 初めての1枚

おすすめ度

カードの基本情報
年会費
初年度 翌年以降
無料 無料
還元率 1%~10%
貯まるポイント Tポイント
1ポイントの価値 1円

現在入会+1度の利用で8,000ポイントがもれなくもらえるキャンペーン中!

この記事を後で読む

Pocket

この記事のカード

Yahoo!JAPANカード

2018年2月26日

Yahoo!JAPANカードは、年会費永年無料でTポイントが100円につき1ポイント貯まる仕組みのクレジットカードです。

年会費やポイント還元率も十分メリット満載ですが、Yahoo!JAPANカードにおいて特に嬉しいのはTポイントをもらえる入会キャンペーンの存在でしょう。

入会キャンペーンでは、タイミングによって異なるものの常に数千ポイント以上の期間固定ポイントを獲得できます。

入会した直後にはそのうちのいくらかを入手できるので、大至急買い物に割引を適用したい場合などにも有利です。

この記事では、Yahoo!JAPANカードにおける豪華な入会キャンペーンの内容を徹底解説します。

今行われているYahoo!JAPANカードの入会キャンペーンの内容

Yahoo!JAPANカード

Yahoo!JAPANカードでは現在、入会者向けに2種類のキャンペーンが展開されています。

Yahoo!JAPANカードを初めて申し込む際は、入会キャンペーンを適用することでTポイントを手に入れることが可能です。

入会&利用で最大8,000ポイントプレゼント

現在行われている入会キャンペーンでは、Yahoo!JAPANカードを今申し込むと、以下のようにするTポイントをもらうことができます。

  • 入会特典5,000ポイント
  • 利用特典3,000ポイント

このように合計8,000ポイントのTポイントを獲得できます。

よく他のクレジットカードでも入会キャンペーンは行われていますが、リボ払いの設定や利用特典が◯ヶ月以内に数万以上などの条件があったりして、なかなか全てのポイントをもらう事ができないようになっています。

しかし、Yahoo!JAPANカードの入会キャンペーンでは、入会で5,000ポイント、金額の問わないたった一度の利用で3,000ポイントの計8,000ポイントがもらえるので、かなりお得です。

入会&たった一度の利用で8,000ポイントがもらえるのは嬉しいなぁ!!

上記の入会キャンペーン以外にも、Yahoo!JAPANカードではキャンペーンが行われています。

Yahoo! JAPANカード利用&Yahoo!プレミアム会員登録で3,000ポイントプレゼント

キャンペーンページからYahoo!プレミアムの会員登録をし、さらにYahoo!JAPANカードを発行して2,000円以上の買い物をすれば、更に3,000ポイントを手に入れることが可能です。

入会&利用特典の8,000ポイントと合わせてこのキャンペーンを利用できます。

つまり、Yahoo!JAPANカードを申し込み利用、さらにYahoo!プレミアム会員になれば合計11,000ポイントを手に入れることができるのです。

11,000ポイントがもらえる入会キャンペーンは大きいですよね♪

なおポイント獲得と合わせて、本来月額462円(税抜)のYahoo!プレミアム会員費が最大2ヶ月分無料になります。こちらも嬉しい特典ですね。

Yahoo!プレミアム会員になれば、Yahoo!ショッピングやLOHACO、ヤフオクなどで支払い時にもらえるポイントが5倍に。

さらにグルメクーポンやスマホのデータバックアップなども利用できます。

ポイントをもらうのと合わせて、Yahoo!プレミアムの会員特典も活用してみるのもおすすめです。

キャンペーン適用でもらえるのは期間固定ポイント

Yahoo!JAPANカードの入会キャンペーンで注意したい点が一点あります。

それは、現在行われているYahoo!JAPANカードの入会キャンペーンでもらえるポイントは、期間固定ポイントということ。

期間固定ポイントとは、通常のTポイントのようにファミリーマートなど外部の加盟店で使うことができません。使える場所は、以下のサービス内のみになります。

  • Yahoo!JAPAN(Yahoo!ショッピングやヤフオク等)
  • LOHACO
  • GYAO!

Yahoo! JAPANではYahoo!ショッピングやヤフオクなどでの買い物で利用可能、LOHACOでは食料品などを購入でき、GYAO!では動画を楽しめます。

今では、楽天市場よりも出店数が多いYahoo!ショッピングなので、11,000円相当として利用できる、Tポイントがもらえれば、欲しかったあの商品も購入することができますよ。

そんなに出店数が増えてるんだ。もらったポイントで何買おうかなぁ(*´ω`*)

Yahoo!JAPANカードの入会キャンペーンの条件とポイントの受け取り方

Yahoo!JAPANカード入会者向けのキャンペーンでは、一気にまとめて全ての特典ポイントを受け取れるわけではありません。

入会キャンペーン適用の条件と、ポイントの受け取り方(進呈時期)をチェックしてみましょう。

入会キャンペーンでもらえるポイントと受け取り時期

Yahoo!JAPANカードの入会キャンペーンでもらえる最大8,000ポイント。

Yahoo!JAPANカードに入会すると、まず申し込みから最短2分ですぐに5,000ポイントを受け取ることが可能です。この5,000ポイントはもらった時点ですでに使うことができます。

残り3,000ポイントは、カードを1回でも利用すれば手に入れられます。どちらもよくあるようなややこしい受け取り手続きは不要で、自動で反映されます。

申し込み時に仮ポイントとして反映されてから、初回請求月の月末か利用明細に買い物が反映された月の翌月末に利用可能となります。

どちらも期間固定ポイントであり、有効期限は申し込み月を含んだ5ヶ月目の15日まで。期限切れを防ぐために、できれば入手してから早めに使い切ってしまいましょう。

Yahoo! JAPANカード利用+プレミアム会員登録でもらえるポイントは翌々月の下旬にもらえる

Yahoo!JAPANカードを2,000円以上利用し、キャンペーン申し込みページからYahoo!プレミアム会員に登録するとその翌々月下旬にTポイントを3,000ポイント受け取れます。

このポイントも期間固定ポイントで、自動でポイント残高に追加される仕組みです。

過去行われてきたYahoo!JAPANカードの入会キャンペーン

Yahoo!JAPANカードでは、過去にも様々な入会キャンペーンが展開されていました。

キャンペーン内容は時期によって変わってきますが、入会のタイミングを検討するにあたり、過去のデータも調べておくとなにかと有利です。

過去のキャンペーン内容の例を紹介するので、参考にしてみてください。

最大10,000ポイント、7,000ポイントなどポイント額は時期により異なる

2017年の9月1日〜10月2日時点では、入会特典5,000ポイントに加えて1回利用による特典ポイントが5,000ポイントと合計10,000ポイントのTポイントをもらうことができました。

一方で2017年の2月1日〜3月29日だと、もらえるポイントが入会特典3,000ポイントと利用特典4,000ポイントで合計7,000ポイント。時期によってポイント額は異なっています。

入会時は今が本当に狙い目なのか、しっかり見極める必要があるでしょう。ただし、いつまでも迷っているとタイミングを逃して延々入会できない可能性もあるので注意が必要です。

ちなみに私が入会した時のポイントは3,000ポイントでした…。。
ふふッ…。

プレミアム会員登録でもらえるポイントも時期によって変化する

2017年の11月5日から11日まで期間限定開催されていたキャンペーンでは、申し込みと利用でもらえるポイントの合計が11,111ポイントでした。

さらにYahoo!プレミアム登録でもらえるポイントも、このタイミングでは5,000ポイント。合計16,111ポイントを手に入れることができたのです。

プレミアム会員登録でもらえるポイントも時期によって大きく変化するので、合わせてキャンペーンを適用したい場合はこちらもチェックしましょう。

ちなみに11月5〜11日に16,111ポイントが手に入れられたのは、Yahoo!ショッピングにおいて「いい買い物の日」という年に1回の特別なキャンペーンが行われていたためです。

こういったセールやキャンペーン期間だと、それに合わせてYahoo! JAPANカード入会時にもらえるポイントも度々増額されます。

Yahoo!においてセールやキャンペーンが行われていたら、Yahoo! JAPANカードのキャンペーンもチェックしてみてはどうでしょうか。

夫婦や家族なら家族カードよりも2枚申込むのがお得!

Yahoo!JAPANカードは、夫婦や家族で利用するなら家族カードを申し込むよりも1人1人がカードを申し込んだ方がもらえるポイント面で圧倒的にお得になります。

なぜ家族カードより別々の発行の方が良いのか、そのメリットを解説していきましょう。

家族カードには入会特典がない

家族カードはポイントの貯まり方が少々分かりづらいですが、それ以上に重大なのが家族カードに入会しても本会員カードの8,000ポイントのような入会特典がないことです。

家族カードを発行するメリットは、家族と本会員の支払いをひとまとめにできることくらい。家庭によっては、それ自体も不便に感じる場合があるでしょう。

例えば家族が自分の買い物による出費は自分の財布から出すようにしているのであれば、家族カードで購入した代金をいちいち本会員に手渡すのは手間ですよね。

最初から一人一人がYahoo!JAPANカードを発行するなら、入会キャンペーンをそれぞれで適用できます。

例えば、8,000ポイントがもらえる入会キャンペーンで家族2人がYahoo!JAPANカードを発行するなら、16,000ポイントを獲得できるわけです。

もしも本会員+家族カードなら、本来もらえたはずの8,000ポイントが無駄になってしまいます。ちなみに家族カードは18歳以上(高校生不可)が発行可能です。

この条件は本会員カードの申し込み条件と変わらないので、Yahoo!JAPANカードは家族カードを使わず一人一人が発行した方がお得であること間違いありません。

夫婦なら間違いなくそれぞれ発行した方がお得だよ♪
僕達もある意味家族だよね!照
アナタは猫!

Yahoo! JAPANカードは家族カードも発行可能

Yahoo!JAPANカードでは、家族カードを追加発行することができます。家族カードでの利用代金は本会員のカードに請求される仕組みです。

家族カードにもそれぞれTカード機能がついていて、Tカードとしてファミリーマートなどの加盟店で使えばTポイントを家族カード側で貯めることができます。

カードデザインは本会員カードと別の色にすることも可能。例えば本会員が赤のカードなら、家族カードは黒にする事もできます。

家族カードでクレジット機能を使うとポイントは本会員カードに貯まる

Yahoo!JAPANカードの家族カードでクレジット機能を使った場合のポイントは、家族カードでなく本会員のカード側に貯まります。

支払いは本会員が行うことになるので当然ではありますが、家族カードをTカードとして使えることもあり少々複雑なシステムですよね。

Yahoo!JAPANカードの国際ブランドは3種類から選べる

Yahoo!JAPANカードは、以下の3種類の国際ブランドの中から好きなものを選んで発行することができます。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB

3つの中から国際ブランドを選べるのはすごく嬉しいサービスですが、実は国際ブランドによってメリットがあります。

特定の国際ブランドでしか得られないメリットもあるので、申し込む前に必ずチェックしておきましょう。

どの国際ブランドでも年会費は永年無料、ポイントは1%還元

まず全ての国際ブランドで共通しているのは、年会費は永年無料でポイント還元率も1%であることです。

Tカード機能も搭載されていて、Yahoo!で利用した際のポイント3倍など各種特典も共通しているので安心してください。

VISAカードは海外やオンラインショッピングでの利用に有利

Yahoo!JAPANカードをVISAカードで発行する場合、MasterCardやJCBにしかない独自の特典は利用できません。

その代わり、VISAブランドは加盟店が日本だけでなく世界各地にたくさんあります。海外旅行の際は、MasterCardやJCBよりも現地で使える確率が高いと考えられます。

またオンラインショッピングでも、VISAカードに対応しているお店は豊富です。ネットでの買い物が多い人にも、VISAは有利と言えるでしょう。

MasterCardはauユーザーやレストランに行く機会が多い人に有利

au wallet

Yahoo!JAPANカードをMasterCardで選ぶメリットは、大きく分けて二つあります。

au WALLETにチャージし、ポイントを貯められる

auユーザーが発行できるMasterCardブランドのプリペイドカード・au WALLET。

au WALLETはチャージしている分だけ残高を利用できる仕組みなので、使いすぎを防げるのがメリットです。また利用で0.5%のポイント還元も受けられます。

au WALLETはクレジットカードで残高をチャージできますが、対応するのはMasterCardのみ。

Yahoo!JAPANカードをMasterCardで発行していれば、au WALLETに残高をチャージできます。しかもその際、1%還元を受けることもできます。

au WALEETの還元率と合わせて合計1.5%の還元を受けられるので、auユーザーはMasterCardでYahoo!JAPANカードを発行して、更にポイントをお得に獲得しましょう。

au WalletユーザーならMasterCardを選べばポイント2重取りできるのでおすすめだよ♪

 

JCBはnanacoチャージでポイントを獲得できる!

nanacoカード

JCBでYahoo!JAPANカードを発行するメリットは、nanacoへのチャージができることでしょう。

nanacoはセブンイレブンやイトーヨーカドーなどの加盟店で利用できる電子マネーで、加盟店では100円につき1ポイントなどポイントを貯めることができます。

Yahoo!JAPANカードをJCBで発行していれば、nanacoへのチャージが可能。さらにこの際には、200円につき1ポイントの還元を受けられます。

つまり、nanacoの還元率1%とYahoo! JAPANカードの還元率0.5%を合わせると、合計1.5%もの還元になります。これはお得ですよね。

自宅付近にセブンイレブン等があってnanacoを利用する機会が多いなら、Yahoo!JAPANカードはJCBで発行するのがおすすめです。

各国際ブランドにおけるApple Payへの対応状況

最後に、各国際ブランドにおけるApple Payへの対応状況をチェックしていきましょう。

Yahoo!JAPANカードでは、iPhone 7以降やApple Watch Series 2以降で利用できるApple Payという決済サービスも利用できます。

Yahoo!JAPANカードをApple Payに登録すると、QUICPayとしてコンビニや自販機等で支払いに利用できます。他にも、Suicaへのチャージやアプリ上での決済などに対応します。

しかし、各種サービスの対応状況は、実は国際ブランドごとに少し違っているのです。

MasterCardかJCBのみ、アプリ上での決済に対応

Apple PayをiPhoneのアプリにおける支払い(映画チケット代決済など)に使う場合は、MasterCardかJCBブランドを選びましょう。

VISAカードだとアプリ上での決済に非対応なので、支払いに利用できません。

SuicaへのチャージはどのブランドでもOK

Apple Payを使うためのアプリ「Wallet」では、MasterCardかJCBでYahoo!JAPANカードを発行している場合にApple Payに登録されたSuica残高へのチャージを行えます。

しかし「Wallet」内では、VISAカードのYahoo!JAPANカードによる残高チャージはできません。

ところが、SuicaアプリでVISAブランドのYahoo!JAPANカードを登録して、Suica上からの残高チャージをする場合は普通にチャージが可能です。

つまりYahoo!JAPANカードでは、どの国際ブランドを選んでもApple PayのSuicaへ残高のチャージができることになります。

ApplePayやSuicaを利用する場合は、こういった事も踏まえてアナタに合った国際ブランドを選びましょう。

まとめ

Yahoo!JAPANカードでは、入会キャンペーンを適用することで高額なTポイントを受け取れます。

新規申し込みをすればそれだけでポイントの大部分を獲得でき、あとは利用金額を問わず1回使うだけで残りをゲットできます。

自動でポイントがたまるため進呈条件は非常に簡単。獲り逃すことはまずないでしょう。

Tポイントが日本一貯まるクレジットカードとも言われているので、使い道の多いTポイントを貯めたい方は、一日でも早く発行するのがおすすめです。

カード基本情報

還元率 1%~10%
ポイントの種類 Tポイント
年会費
初年度
無料
2年目以降 無料
申込み条件 18歳以上(高校生不可)
国際ブランド VISA・MasterCard・JCB
家族カード
初年度 無料
2枚目以降 無料
ETCカード 500円(税抜)
カード締め日 月末
カード支払い日 翌月27日
支払い方法 口座振替

カード付帯の保険・補償

海外旅行
利用付帯 -
自動付帯
-
国内旅行
利用付帯 -
自動付帯 -
ショッピング 最大200万円

電子マネー

付帯電子マネー -
チャージできる電子マネー nanaco,au WALLET,モバイルSuica

空港サービス

空港ラウンジ -
プライオリティパス -

発行会社

会社名 ワイジェイカード株式会社
公式サイト https://www.yjcard.co.jp/
所在地 〒812-8524 福岡県福岡市博多区博多駅前三丁目4番2号
設立日 2014年7月8日