REXカードの特徴を徹底解説!持つと得られるメリット・デメリットまとめ

レックスカード

国際ブランド

  • VISA
  • Master Card
  • JCBド
  • Diners
  • American Express Card
  • Union Pay
  • 年会費無料
  • スピード発行
  • 海外旅行保険
  • ポイント高還元
  • ETCカード
  • 電子マネー
  • 空港ラウンジ
  • ショッピング向け
  • マイルが貯まる
  • 主婦/学生OK
  • 優待が充実
  • 初めての1枚

おすすめ度

カードの基本情報
年会費
初年度 翌年以降
無料 無料
還元率 1.25%
貯まるポイント REXポイント
1ポイントの価値 1円

新規入会&利用で最大5,000円相当プレゼント!

この記事を後で読む

Pocket

この記事のカード

レックスカード

2018年3月11日

REXカードはポイント還元率が1.25%と高く、さらに貯まったポイントを直接クレジットカードの利用金額の支払いに充てられるため、使い勝手が良いクレジットカードです。

年会費は追加カードも含めて無料、さらに旅行傷害保険も付帯されているので、持っておいて損はないでしょう。

そんなお得なREXカードの特徴やメリット、そして覚えておきたいデメリットについても合わせて解説します。

知っておきたいREXカードの特徴

レックスカード

REXカードってどんな特徴のあるクレジットカードなの?

REXカードは店頭やネットショップ、公共料金の支払いなど、様々な場面で活用できるクレジットカードです。

REXカードの主な特徴を表にまとめたので、ご覧ください。

還元率 1.25%
年会費 無料
入会条件 18歳以上(高校生不可)
国際ブランド VISA
家族カードの有無・年会費 無料(最大3枚)
ETCカードの有無・年会費 無料

この通り、REXカードはポイント還元率が高く、さらに無料で各種追加カードを発行できることも魅力です。

年会費が無料で還元率が1.25%はすごく魅力的だね!
日常のメインカードには真っ先におすすめできるクレジットカードだよ!

それぞれの情報を、詳しくチェックしていきましょう。

REXカードはポイント還元率が通常時でも1.25%!

REXカードでは、支払金額2,000円毎に25ポイントが付与されます。

月間の利用合計金額2,000円毎にポイントが付くので、100円や200円の支払いに対しても月間の利用金額で2,000円となればポイントはしっかりと付与されますよ。

1.25%っていう数字だから、2,000円毎にしないと端数が出ちゃうんだね。きっと。
1,000円毎だと還元が12.5ポイントになるから仕方ないよね。

言い換えれば利用金額の最大1,999円まではポイントにならないので、REXカードを利用する際はできる限り端数が出ないように注意しましょう。

ポイント還元率の高さで知られる楽天カードYahoo!JAPANカードは1%還元、リクルートカードでは1.2%還元ですが、REXカードはそれらよりさらに高い1.25%です。

そう考えると、1.25%の還元率って強烈な数字だね!

より還元率の高いクレジットカードに入会・活用したい方は、REXカードが間違いなくおすすめです。

利用時の負担が少ない

REXカードは、以前年会費が2,500円必要なクレジットカードでしたが、今では年会費無料となっています。初年度のみでなく、2年目以降も常に年会費は無料です。

年会費が条件関係なく無料なのは嬉しい!

REXカードならポイント還元率が高いだけでなく、年会費の負担もありません。あまり使わない月・年があっても、年会費が発生してしまう心配がないのは利用者にとって嬉しいですよね。

さらに入会条件は18歳以上(高校生を除く)で電話連絡が可能なら、学生も含めて誰でも申し込みできます。

ただし当然ですが、無職など年収がない人は収入が安定している人に比べて審査に通りにくいと考えられます。

また他社でたくさんの借り入れがあったり、同時に複数枚のクレジットカードを申し込んだりしている人も審査に通りづらくなるでしょう。

REXカードに入会する際は、極力審査に落ちてしまう原因を減らしてからの申し込みがおすすめです。

国際ブランドは国内外やネットショップで幅広く活用できるVISA

REXカードで選べる国際ブランドはVISAのみとなっています。MasterCardやJCBなど他の国際ブランドは選べないので、注意しましょう。

VISAは日本や海外、そしてネットショップにも加盟店が多いため、あらゆる場所で活用できます。

VISAカードなら決済で困ることはほとんどないかもね。

もしも他の国際ブランドのクレジットカードも持っておきたい場合は、楽天カードやセゾンカードインターナショナルなど、他社の年会費無料クレジットカードを後日申し込んで2枚持ちするのがおすすめです。

家族カードやETCカードは無料で持てる

REXカードでは、家族カードを3枚まで無料で追加発行できます。

さらにETCカードも、本会員・家族会員それぞれ無料で発行・所有することが可能です。

どちらも年会費はかからないので、これらの追加カード目当てにREXカードへ入会するのも良いでしょう。もちろん、それぞれ支払いに応じてポイントも通常通り貯まります。

REXカードを持つ事で得られるメリット

REXカードって還元率も高いし、すごいメリットの大きいクレジットカードなのはわかったんだけど、まだまだメリットがあるの?

REXカードを持つことで得られるメリットはまだまだあります。

通常のポイント還元率が1.25%と高いREXカードですが、JACCSモールや価格.com安心支払いサービスを利用すれば還元率をさらに上げられるのは、特に大きなメリットでしょう。

他にも各種保険が充実している、電子マネーへの対応など、普段の決済で活用しやすいメリットは豊富です。

JACCSモール経由で最低でも1.75%の還元率となる

https://www.jaccsmall.com/

REXカードをネットショッピングで使うなら、『JACCSモール』を忘れずに利用しましょう。

JACCSモールとは、REXカードを含めたジャックスカードユーザー向けの専用サイトです。JACCSモールはAmazonや楽天市場などにJACCSモール経由で商品を購入すれば、更に還元率が上がるというものです。

まだ還元率が上がるの!?
REXカードはまだまだこんなものじゃないよ!

このJACCSモールに設置されているリンクから通販サイトで買い物をすれば、通常貯まるREX POINT1.25%に加えて、利用金額の引き落としに値引き枠として使える「Jデポ」が貯まるのです。

例えば、Amazonで買い物をすれば、1.25%のREX POINTに加えて0.5%のJデポが貯まります。合計で1.75%の還元率になりますね。

ネットショッピングが1.75%の還元率にまで上がるとか、凄すぎる…!

貯まるポイントが2種類に分かれることには注意が必要ですが、REXカードでネット上での買い物をする時は忘れずにJACCSモールを覗いてみましょう。

JACCSモールに使いたいお店へのリンクがあれば、Jデポを追加で貯められますよ。

価格.com安心支払いサービスで1.5%還元

価格.com安心支払いサービス

REXカードを「価格.com安心支払いサービス」で使用すれば、REX POINTの還元率が通常の「2,000円ごとに25ポイント」ではなく「1,000円ごとに15ポイント」貯まります。

結果としてポイント還元率が1.5%にアップするので、電化製品などを購入する時は価格.com安心支払いサービスを活用してみてはどうでしょうか。

リボ払いをするとポイント還元率がアップする

REXカードでは、リボ払いで行った買い物に対しては月間の利用金額2,000円ごとに35ポイントと、通常より10ポイントお得に貯まります。還元率で考えると1.75%です。

価格.com安心支払いサービスをリボ払いで利用した場合も同様に、通常1.50%の還元率が1.75%に上昇します。

リボ払いだと通常の還元率は常に1.75%になるけど、注意が必要だよ!

リボ払いにおいて注意したいのは、リボ払いを選ぶと利用残高に対して月利1.25%の手数料がかかってしまうため、多く貯まったポイントより手数料のほうが高額になってしまうことです。

手数料がかかることを踏まえて考えるとポイント還元率を上げるために無理をしてリボ払いを使う必要はありませんが、リボ払いを選ぶとポイント還元率が上がることは覚えておきましょう。

旅行傷害保険が付帯されている

REXカードは年会費無料のクレジットカードですが、国内旅行傷害保険と海外旅行傷害保険がそれぞれ付帯されています。

旅行保険の付帯していないクレジットカードも多いのに、REXカードは海外/国内の旅行保険まで付帯しているのはすごい!

保険金額や補償の内容を表にまとめたので、ご覧ください。

海外旅行傷害保険(自動付帯)
補償内容 保険金額
傷害死亡 最高2,000万円
後遺障害 80~2,000万円
傷害治療費用
疾病治療費用
救援者費用(1年間)
最高200万円
賠償責任 最高2,000万円
携行品損害  最高20万円(免責3,000円、1年間)
国内旅行傷害保険(利用付帯)
補償内容 保険金額
傷害死亡 1,000万円
後遺障害 30~1,000万円
入院(日額) 5,000円
手術(1事故1回まで) 5万円、10万円、20万円
通院日額 3,000円

万が一の事故などが起こってしまった際は、保険を利用できるので安心ですね。

なお海外旅行傷害保険ではカードで旅費を決済したかどうかは問われない自動付帯ですが、国内旅行傷害保険はREXカードで旅費を支払っている場合にのみ保険の対象となります。

海外旅行保険が自動付帯だから、決済しなくても持っているだけで保険対象になるのは助かるね。

国内旅行傷害保険で保険の対象となるのは、以下の理由になります。

  • 電車などの公共交通乗用具に乗っている際に起こった怪我
  • ホテルなどの宿泊施設内における火災、破裂、爆発での怪我
  • 募集型企画旅行に参加している時に起こった怪我

不正利用対策も万全

REXカードをもし紛失したり盗難に遭ったりしてしまっても、カード盗難保険により不正利用を防げます。

ネットあんしんサービスが付帯されているため、もしREXカードをネット上で不正利用されてしまっても届け出た90日前の段階から補償してもらえます。

街中でもネット上において起こり得る、様々なトラブルに対処してもらえるのもREXカードの魅力ですね。安心して活用できるのではないでしょうか。

ApplePay対応

REXカードは、iPhone 7以降やApple Watch Series 2以降で活用できるApplePayにも対応しています。ApplePayにREXカードを登録すれば、QUICPayとして利用可能です。

ApplePayは一度使うと、もう手放せなくなるよね。

QUICPayはローソンやセブンイレブンなどのコンビニ、イトーヨーカドーなどのスーパー、マクドナルドやガストといったファーストフード、レストランなど、様々なお店で使えるのがメリットですね。

QUICPayは後払い式の電子マネーなので、支払金額は後日REXカードに請求されます。

ApplePayでは電車やバスへの登場に使えるSuicaにも対応していますが、このSuicaへのチャージもREXカードで利用できます。

もちろんSuicaへのチャージでも、ポイントを貯めることができますよ。

対象のiPhoneやApple Watchを持っている方は、REXカードをApplePayでも活用してみてはどうでしょうか。

モバイルSuicaやSMART ICOCAへチャージ可能

Android端末やガラケーで利用できるSuica・モバイルSuicaや、JR西日本の交通電子マネーSMART ICOCAへのチャージもREXカードでできます。

iPhoneユーザー以外でも、モバイルSuicaやSMART ICOCAでチャージすれば電車やバス代をポイント還元により割安にできることになりますね。

REXカードの気になるデメリット

これだけREXカードのメリットが多いと、何か大きなデメリットが隠されているように思うんだけど…。

REXカードはポイント還元率の高さと各種追加カードや保険の充実がメリットですが、それぞれに注意しておきたいデメリットもあります。

と言うよりも、どんなに優秀なクレジットカードにもデメリットは存在します。

REXカードのポイントは高還元率ですが、2,000円単位で貯まることや交換先が大幅に限られていることは事前に理解しておく必要があるでしょう。

ポイント対象外になる電子マネーがあったり、ショッピング保険が用意されていなかったりすることにも合わせて注意が必要ですね。

ここからは、REXカードの気になるデメリットを徹底解説します。

ポイント付与の条件が2,000円毎

REXカードは1.25%もの高還元率ですが、ポイントが貯まるのは「2,000円毎」です。月々の利用金額のうち最大で1,999円までは、ポイントが付かずに消えてしまいます。

2,000円単位の還元はさっきも言ったように1.25%っていう還元率だから仕方ないかも…!

楽天カードやYahoo!JAPANカードはREXカードよりも還元率が低い1%還元ですが、100円毎にポイントが貯まるので端数は最大99円までにしかなりません。

REXカードにおいてたくさんポイントを貯めるには、毎日の支払金額を把握しうまく調整をしていく必要があるでしょう。

細かいことは考えずに使い、できる限り端数を出したくない人は、楽天カードなどのポイントが貯まる金額の単位が小さいクレジットカードの利用をおすすめしますが、それを差し置いてでも1.25%の還元率であるREXカードは魅力的です。

ポイントの使用方法は2種類

REXカードで貯まるREX POINTは1,500ポイント毎に引き換えができ、引き換え先は2種類です。

  • Jデポ1,500円分
  • ANAマイル300マイル

カードの利用代金を値引きできるJデポだけでなくマイルにも交換できますが、1マイルの価値が1円程度と考えると300円相当となってしまうので、マイルへの交換は損です。

そのためREXカードにおけるポイントの使い道は、実質Jデポの1種類に限られますが、実質キャッシュバックのようなもので、使い道に困ることはないので、それほど大きなデメリットではないでしょう。

ポイントは獲得から2年間で失効する

REXカードで貯まるREX POINTは、獲得月から2年間でなくなってしまいます。2年以内にJデポへ交換できなければせっかく貯まったポイントが無駄になってしまうので、注意しましょう。

1年の有効期限しかないポイントも多いから、2年の有効期限が極端に短いというわけではないんだけどね。

1,500円分のJデポに交換できる利用金額は12万円です。1年間に最低でも6万円以上の支払いを行えば、ポイントを無駄にせずに済みますね。

ちなみに24ヶ月で12万円を月換算で考えると、5,000円です。毎月5,000円の利用と考えると、全く問題にはならないことのほうが多いでしょう。

ショッピング保険は付帯されていない

REXカードには、ネットショッピングでの不正利用の補償はありますが、通常のショッピング保険が付帯されていません。もしREXカードで買った商品が壊れてしまっても、損害を補償してもらえないので注意しましょう。

もしも商品に保険をつけたいなら保険が付く家電量販店などで商品を買ったり、その支払いのみREXカード以外のショッピング保険付きクレジットカードで行ったりして対策をするのがおすすめです。

楽天Edyやnanacoへのチャージはポイント対象外となっている

REXカードではSuicaやSMART ICOCAへのチャージ、ApplePayでの支払いでもポイントが貯まりますが、残念ながら楽天Edyやnanacoへ残高をチャージする場合ポイントは付きません。

これらの電子マネーを活用している人は別途楽天カードやセブンカード・プラスを発行し、それらのカードでチャージしてポイントを貯めると良いでしょう。

REXカードのお得な使い方

REXカードは日常からメインカードとして使えると思うけど、更にお得になる使い方ってあるのかなぁ?

REXカードは、使い方を決めることでよりお得に活用できます。

メインカードとして普段の支払いをすべてまとめるのも良いですし、充実している仕様を踏まえてサブのカードとして必要に応じて使うのも良いでしょう。

ここからは、REXカードのお得な使い方について解説します。

REXカードにまとめればポイントが貯まりやすく圧倒的にお得

REXカードは1.25%もの高還元率で、さらにJACCSモールや価格.com安心支払いサービスを使えば1.75%以上や1.50%などの還元を受けることも可能です。

公共料金なども含め、普段の支払いを全てREXカードにまとめてしまえば、よりポイントが貯まりやすくなります。還元率が高いクレジットカードなのでメインカードとして、REXカードをどんどん活用しましょう。

なおREXカードにおいてポイントは2,000円ごとに貯まるため月々の支払額がそれ以下だとポイントは1ポイントも貯まりません。

支払額をうまく調整し、極力1,999円までの端数は出さないようにしましょう。

高額な支払いをする時用のカードとして使う

ショッピング保険がないことには注意が必要ですが、REXカードは還元率が高いため、高額な買い物・支払いをすればそれだけたくさんのポイントが貯まります。

普段は別のクレジットカードを使い、高額な支払いの時にのみREXカードを使うのも良いでしょう。

Jデポに交換できる1,500ポイントを貯めるには、120,000円の支払いが必要となります。

パソコンを買ったり中古車を買ったりなど、支払金額が大きい買い物のときにはREXカードで支払えば、すぐにJデポへの交換もできますね。

年会費は無料なので、使わない月があっても問題ありません。ただしREX POINTは獲得から2年後に失効するので、少なくとも2年以内にJデポと交換できる12万円以上買い物をするのは必須となるでしょう。

年会費無料や保険の充実を活かしサブのカードとして使う

REXカードは年会費が無料なので、あまり使わない月・年があっても負担はかかりません。

そしてREXカードは、海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険など保険が充実しています。

メインのカードを別に用意し、旅行に行く際やメインカードが限度額に達しているときなど必要に応じて活用するのも良いでしょう。

REXカードを持つとメリットが大きい人

REXカードはポイントが2,000円ごとに貯まるクレジットカードであるため、毎月の支払額が少ない人にはポイントが貯まりづらくなってしまいおすすめできません。

しかし、以下に当てはまる人には、REXカードの利用がおすすめです。

よりお得にポイント還元を受けられるクレジットカードが欲しい人

REXカードの還元率は、現在入会できるクレジットカードの中では最高峰です。

楽天カードやOrico Card THE POINTなどに比べても圧倒的に高還元率なので、単純にたくさんポイントを貯めたいならREXカードを選ぶのが良いでしょう。

ただし、これまでも述べてきたとおりポイントは支払額2,000円毎に貯まるので、毎月1,999円までの端数にはポイントが付きません。

無駄にしないため、極力端数が出ないように調整するのが大事ですよ。

年会費無料で旅行傷害保険付帯のあるクレジットカードが欲しい人

楽天カードは年会費無料で、海外旅行傷害保険が付帯されています。ただし、国内旅行傷害保険は付帯されていません。

同じく年会費無料のOrico Card THE POINTやセゾンカードインターナショナルには、旅行傷害保険は付帯されていません。

このように、他社の年会費無料クレジットカードには海外・国内の旅行傷害保険が付帯されていないものも多くあります。

年会費無料のクレジットカードはそんなものだよね。

しかし、REXカードなら国内旅行傷害保険・海外旅行傷害保険がそれぞれ付帯されていて、なおかつ年会費も無料です。

もはやREXカードがおかしいと思えるくらうにお得だよ?

年会費無料で旅行傷害保険がバッチリ付帯されているクレジットカードが欲しい人には、REXカードがおすすめですよ。

ポイントの使い道に悩みたくない人

REXカードで貯まるREX POINTの使い道は、基本的にJデポへ交換してクレジットカードの利用金額を値引きできるのみです。

ANAマイルへの交換は還元率が大幅に下がるため、Jデポ一択でしょう。

つまりREXカードでは、ポイントの使い道に悩むことが絶対にありません。どの景品に交換しようか迷う無駄な時間は、存在し得ないのです。

気軽にポイントを貯めて利用金額をお得にしたいなら、REXカードを選びましょう。

まとめ

REXカードはポイント還元率が高く、保険も充実していて年会費もかからないので、総合的にメリットの方が多いクレジットカードです。

しかも、今ならREXカード入会キャンペーンで最大5,000円分のJデポがプレゼントされます。

他社よりさらにたくさんのポイントを貯めたい方は、REXカードをメインカードとしてどんどん使っていきましょう!

カード基本情報

還元率 1.25%
ポイントの種類 REXポイント
年会費
初年度
無料
2年目以降 無料
申込み条件 18歳以上(高校生不可)
国際ブランド VISA
家族カード
初年度 無料
2枚目以降 無料
ETCカード 無料
カード締め日 月末
カード支払い日 翌月27日
支払い方法 口座振替

カード付帯の保険・補償

海外旅行
利用付帯 -
自動付帯
最大2,000万円
国内旅行
利用付帯 最大1,000万円
自動付帯 -
ショッピング -

電子マネー

付帯電子マネー -
チャージできる電子マネー -

空港サービス

空港ラウンジ -
プライオリティパス -

発行会社

会社名 株式会社ジャックス
公式サイト http://www.jaccs.co.jp/corporate/
所在地 東京都渋谷区恵比寿4丁目1番18号 恵比寿ネオナート
設立日 昭和29年6月29日